離れた気持ちを再び繋ぐ復縁までのステップ

復縁するにはリセットが必要?

 

復縁するにはどうしたらいい

 

復縁は惰性でするのではありません。

 

「元カレ(元カノ)が自分に冷めてしまった」

 

という場合であっても、
正しいステップを踏んでいくことによって、
元カレ(元カノ)の熱を再燃させることが可能で、
復縁することも決して難しいことではありません。

 

一度相手に自分を忘れてもらったほうが、
復縁しやすくなることも多いのです!

 

しつこくしても余計に復縁は遠くなるだけ

 

元カレ(元カノ)にしつこくメール(LINE)や電話をするのは、
復縁する為にはタブーなのですが、
それでも、しつこくしてしまう人が多いです。

 

私も相手にしつこくしてしまったことがありました。

 

しつこくメール(LINE)や電話をする理由はというと

 

「元カレ(元カノ)の気持ちが自分から離れてしまうから」

 

という考えを持っている人が多いですが、

 

基本的に元カレ(元カノ)は

 

すでに気持ちは自分から離れています!!

 

つまり、自分から気持ちが離れている相手に
しつこくメール(LINE)や電話してしまっているのです;;

 

これでは嫌われてしまって不思議はないですよね?

 

復縁するにはどうしたらいい

 

いろいろなケースがあるので全てそうとは言えませんが、
基本的に別れたという時点で、元カレ(元カノ)は
一度気持ちは自分から離れているのです。

 

あるいは「早く気持ちを切り替えたい」と考えている段階です。

 

距離を置きたいと思っています。
それなのにしつこくメール(LINE)や電話されたら、
間違いなく迷惑ですしうっとうしく思うでしょう。

 

コンタクトを増やすより距離を置くほうが復縁が近づく

 

時間が経てば、またあなたに興味が出てきたり、
懐かしくなったりして、元カレ(元カノ)があなたに
プラスのイメージを持ってくれる可能性があります。

 

ですが、別れた後に時間が経っていないと、
そのような気持ちはなかなか起きないものです。

 

コンタクトを増やせば増やすほど、元カレ(元カノ)の
あなたに対するマイナスイメージが強くなっていきます。

 

もちろん、コンタクトの取り方にもよりますが、
元カレ(元カノ)の気持ちが一度リセットされなければ、
コンタクトの取り方に気を使っても難しいです。

 

もし、元カレ(元カノ)の気持ちがまだ離れていなければ、
元カレ(元カノ)のほうからコンタクトを取ってくるはずです。

 

そうでないのであれば、
すでに気持ちは離れているので、
しばらくはそっとしておいてあげましょう。

 

復縁するにはどうしたらいい

 

距離を置くことで関係を一度リセットし、
復縁しやすい状態にするのです。

 

この期間のことを冷却期間といいます。

 

冷却期間は復縁にとても効果的になりますし、
一つのステップとして必要となるケースも多いです。

 

復縁するには 復縁のための冷却期間とは?元彼(元カノ)と距離を置く効果

 

こちらで冷却期間の効果を解説しています。

 

離れてしまった元カレ(元カノ)の気持ちは、
一度距離を置いたほうが繋ぎやすくなります。

 

完全に冷められた後に復縁できた秘密

 

その場に合った正しい行動をとっていければ、
着実に復縁に近づいていくことができるでしょう。

 

「完全に冷めたから復縁することは絶対にない」

 

このように元カレに言われた後でも
復縁することができた女性もいます!

 

その女性が復縁できたのは復縁相談があったからでした。

 

復縁セラピストの小野田ゆうこ先生に相談し、
アドバイスをもらいながら行動したのです。

 

復縁するには

 

専門家に相談することによって、
着実にその場に合った行動が取ることができます。

 

元カレ(元カノ)へのアプローチの仕方など、
送るメール(LINE)の内容といった
細かな点も含め様々なことをアドバイスしてくれます。

 

口コミでもとても評判で本当に沢山の方が相談し復縁に成功されています!

 

復縁するにはどうしたらいい

 

復縁するには 復縁のための無料相談窓口はコチラ

 

電話での相談もできます!

 

復縁するには 電話恋愛相談【ココナラ】 復縁電話相談

 

無料相談できるので気軽に試してみてください。

 

私も相談して復縁できた一人なのでおすすめです。

 

復縁するには 小野田ゆうこ復縁メール相談の口コミと実践レビュー

 

こちらで復縁相談の口コミやレビューを紹介しているので、
気になる方は一度読んでみてください。

 

この記事の最終更新日:2018年12月12日